カテゴリー:思考

思いつきや発想など

  • 思考
会社をサボることが多かったけど、何故か陰日向なく働くようになった理由を考えてみた

「陰日向なく働く」という言葉がありますが、それって「陰日向なく働こう!」と思ったらできないのです。「気がついたら陰日向なく働いていた!」でないと”陰日向なく”ではなくなるのです。

こんな人に読んでもらいたい!
  • 定年が数年後に来る人
  • 職場で自分の置かれている立場を薄々感じ始めている人
  • 年をとっているだけの人

会社をサボることが多かった

現在、私は53歳になりました。部署は変われど、同じ会社に30年ほど勤務しています。自分で言うのも何ですが、「鳴かず飛ばず」という表現がピッタリの人間だと思います。

このような状況にあるのは一重に 「頑張らなければならない時期に頑張っていない」 からにほかなりません。今更どうしようもないことなのですが、つい数年前までは「どうしてあの時もっと頑張れなかったのか?」と割と思ったりしました。

今は内勤ですが、以前に外回り仕事の時期があり、割と一人での行動が多くあったりして上司の目を盗めていました。また、家族の体調不良など会社自体を休むことも結構ありました。

会社をサボることが多かったあの当時の私、上司はもちろん「サボり」と気づいていたはずです。そのあたりがもちろん現在の評価につながっていると思います。

しかし、サボるけど「評価」はされたい!と都合のいい考えを持っていましたので、上司の見ているところでは・・・、見ていないところでは・・・みたいな感じでした。

若いときは「成績を上げたい!」「一目置かれたい!」みたいなことは一人前に思っていましたが、まー「努力はしない!」「サボる!」じゃねー...無理っしょ。

さて、ではどうしてサボらなくなったのか?それについては幾つかの理由を私なりに考えてみました。

年を取るにつれてできることが減ってきた

若い時であれば、飲みに行ったりドライブに行ったりと寝る暇を惜しんで遊びに行ったものでした。そのころは休みが足りなかったんです。

しかし、その当時に比べ現在は、まず「疲れる」のが先に出て、家でじっとしているのが多くなってきています。それ以前に週末までの仕事の疲れをとるので丸一日費やすときもあるほどです。同時に「意欲」もなくなってきているようです。

これは(身体的にも)できることが減ってきたということです。

サボることにも割と労力が必要ということ

サボるためには、その時の場面に応じて力を配分する必要があります。上司がいるときにはサボらず真面目なふりをして、いない時には適当につじつまを合わせて...なんかめんどくさいっすよね。

もともと「サボる」ことに関しては、ポジティブな感情ではないので、単に「良い気分になれない!」というのがあります。

「評価されるための手段」の選択肢が限られてきている

若い時であれば、勢いもあり評価されるための手段は多数あります。若いだけでも評価されてしまします。

まあ他にも理由はあるのですが、何が言いたいかと言えば、「評価されるための手段」の選択肢が限られてきているということです。

その「限られた選択肢」の中の一つが「真面目に…」働くということです。

「真面目に働く」ことしかできないのが僕の今の現状です

若いときと違い53歳ともなれば、転職という選択肢はよほどのスキルを持ち合わせていなければ無理です。実際私にはありません。となれなば、今の会社にしがみつくしかない訳で...となればそれなりの評価をしてもらわなくてはなりません。

好成績を挙げられるような瞬発力もない現状ではやはり「真面目に働く!」ことしか残っていないのです。残念ながら...ただ...

評価されたいという意味で言えば「上司の見ているところだけ」を真面目に働けば良いということになると思います。しかし、それがそういうわけではないのです。

ここ数年「陰日向なく真面目に働いている」自分がいます。特に何も意識しているわけではありませんが、これは思うに「年をとった」からなのだろうと感じています。

サボらなくなってからの変化

  • 後ろめたい気持ちがなくなる
  • 目標に対しての誤差が少なくなる
  • 仮に目標を達成しなくても満足できる

後ろめたい気持ちがなくなる

サボらなくなって一番最初に感じる変化は、「正々堂々と生きている」感が実感できること。

つまり、手を抜かないことにより気分が晴れやかになり、大げさな言い方に聞こえるかもしれませんが、「胸を張って生きていける」気になります。

この気分になるだけで何事にもポジティブに取り組めて成果も上がりやすくなります。また、無駄な感情(サボってバレないかな?とかなんて言い訳しようかな?)を排除できます。

目標に対しての誤差がすくなくなる

サボるという目標に対してのプラスにならない行動を排除することにより、目標に対しての行動の精度が上がります。つまり、行動の「実質」がわかるようになります。

例えば、10日間の売上目標を設定するときに

  • 全力でやった10日間の売上
  • ちょいちょいサボりを入れた10日間の売上

当然、全力でやった10日間の売上で設定すべきですし、会社としても自分としてもある程度の目安となります。

仮に目標を達成しなくても満足できる

これは「逃げ口上」と言う訳ではないのですが、サボらないで(全力で)行動すると、目標達成の結果に関係なく「充実感」「達成感」が得られます。

つまり、「精一杯やったので後悔などない!」みたいな高校野球的な感じですが、実際に精一杯やればポジティブな「しかたがない」という気持ちになり納得できるのです。

なので、「あの時こうやっていればよかったなぁ」という後悔をしないためにもサボらない(全力)をお勧めします。

まとめ

「陰日向なく真面目に働いている」 と言えば聞こえは良いのですが、要は思考停止して、日々を何も考えずにダラっと過ごしているのでは...と感じています。

実はこの場合での真面目に働くというのは、リストラ世代を生き抜ための唯一の対抗手段だのだと思います。

私とお同じ位の年齢の人はなんかみんなおんなじような感じで、面白くない人間になっています。

あわせて読みたい
損得勘定で動く人は嫌われがちだが、ほとんどの人は損得勘定で動いている!

カテゴリー
タグ
  • 思考
損得勘定で動く人は嫌われがちだが、ほとんどの人は損得勘定で動いている!

生きていると時折、仕事の中や家庭の中などで「選択」を迫られます。そして、その結論を導き出す判断の材料の一つが「損得勘定」です。

こんな人に読んでもらいたい!
  • 将来的に在宅ワークで生活をしたい人
  • 計画が漠然としている人
  • 定年まで数年の人
  • 在宅で収入を得るスキルを身につけたい人

 最近、「これって、なんの得があるのか?」とよく考えるようになった気がする

この場合の”これ”というのは仕事のことで、最近は「嫌気が差した」というか「疲れた」というか…営業成績のことで上司からくどくどと説教があったり、休みがなかったりと…

これは以前からのことですが、若いときは「もっと頑張ろう!」という発想があったのですが、最近では、「これって、なんの得があるの?」というか、「得がないから頑張る必要はない!」と考えています。

もう少し掘り下げて自己分析してみると…

f:id:figo:20181216203051j:plain

それでも(ある程度)がんばっています。若い時の頑張ろうという気持ちは、「頑張って評価を上げよう!」「出世したい!」「他の人達から一目置かれたい!」

もちろん、「収入を上げたい」という気持ちもありましたが、どちらかと言えば、「一目置かれたい」「仕事の指示をしたい」「大きな仕事を任せてもらいたい」という気持ちが大きかったような気持ちだったと思います。

直接的ではありませんが、これもある意味「損得勘定」が働いています。

そして、現在に至って言えば、「それでも頑張っている」のですが、このときキーワードとなる言葉は「犠牲」という言葉です。

人は犠牲者になることが楽だということ

f:id:figo:20181216205208j:plain

つまり、人の言いなりになることで、自分の責任を軽減することができ、もしも、仕事がうまく行かなかったとき、その人達を悪人に仕立て上げられるのです。犠牲者は同情され、助けたいという感情が人には芽生えます。

  • リスクを回避したいと思うこと…
  • 同情を得たいと思うこと…

これもある意味「損得勘定」が働いています。

まとめ

f:id:figo:20181216212339j:plain

私としては損得勘定を顕にしている人のほうが好感が持てると感じています。

顕(あらわ)隠れていずはっきりと見えること。また、隠さずわざと見せること。むきだし。露骨。公然。

損得勘定で動く人は...

  • 「見返りがないと動かない」
  • 「人付き合いも損得で考えている」
  • 「自己中心的」

と言われていますが、どうでしょう?自分でも心当たりがありませんか?私は「大アリ」ですね。

私も気をつけてわかりやすく行動しています。あとでガッカリさせたくありませんので…

おっと、これも損得勘定?

カテゴリー
  • 思考
人付き合いが苦手な人へ朗報!発想を変えたら意外と楽になります!

人生を生きていく上でどうしても避けて通れないのが他人や身内との会話や行動など「人付き合い」いわゆる「人間関係」ってやつです。

こんな人に読んでもらいたい!
  • 仕事場で人付き合いが苦手な人
  • だけど、周りからどう思われているか気になる人
  • 結局、どうしたら楽になるのかわからない人

 特に仕事関連の人間関係ついては、避けられないことも多い

うまく人付き合いができない人はつらかったりしますよね。仕事の場合は組織で動くことが多くあり、かなり他人の協力が必要とされる場面があります。

日ごろから友好的な関係を構築しておくことが重要となってきて、この友好的な人間関係が構築できていないと自分の仕事の成果にもかかわってきます。

自分ひとりでできることには仕事の内容によっては限界があると思っていて、そのような人の助けが必要な場合は人間関係がよくないと仕事がうまくいかず苦労してしまい、精神的にもダメージが蓄積されてしまいます。以前、私もうつ的な状態に陥ったこともあります。

もちろん、気にしないと考える人もいるかと思いますが、良い関係に越したことはありません。これらのことは、仕事を引退して老人ホームとかに入ってもやはり人間関係はついてまわります。むしろ、お世話になることが多くなってきます。

人付き合いの苦手意識を克服するには少し発想を変えてみる

まず、「人付き合いが苦手!」というふうに何となくな範囲での括りではなく、苦手意識をもう少し細かく分類してみる。

個別に対応する

人の性格、人への接し方はそれぞれです。

  • 「上司のAさんはいつも怒っているような感じ」
  • 「同僚の女性のBさんは話してくれない」

などなど...

その人それぞれに「苦手度合い」が違うのではないでしょうか?みんながみんな苦手度「強」というわけではないはずです。まずは、苦手度「弱~中」あたりの関係を改善していきましょう。

具体的にどうする?

すべての人がそうではないと思いますが

  • 「苦手な人」=「嫌いな人」ではない
  • 「苦手な人」=「好きな人」でもない

ではないかと思いますが、まあどちらかと言えば、「嫌いな人」寄りになるのではないでしょうか。

昔からよく言われていることですが、「相手を好きになる」ことで関係を改善できる場合があります。

「何言っての!そんな簡単に好きになれるわけないじゃん!」

それはそうです。

これはちょっとしたコツなのですが、その人の好きだなぁと思えるところをいくつか考えてみてください。

  • 「声が良い」
  • 「スタイルが良い」
  • 「肌がつやつやしている」

などなど...

相手のいいところを見るようになれば、相手の嫌いなところが少し薄れてくるはずです。

たとえば、「あの人は口うるさい!」という人であっても、良い意味で見れば、「あの人はいつも熱心だ!」だし、「ゆったりしている人」=「おちついている人」という別の見方もできます。

なにより、人を嫌いにならないようにしていると自分も楽ですよね。人を嫌いだと思っている自分は、実は自分でも嫌いであり、けっして心地よくはないのです。

基本的に人間関係は、こちらが嫌いだと思えば相手もこちらが嫌いですし、こちらが好きだと思えば、相手も好きになるものです。

もちろん、例外もありますがこちらから積極的に嫌いになることもありませんし、ひょっとしたら、相手も「人付き合い苦手人間」なのかもしれませんので。

ほどよい距離感で付き合う

f:id:figo:20181206220248j:plain

学生時代からの友達と、ある程度の年をとってからの友達とは、付き合い方が違ってきます。学生時代からの友達は、長いつき合いを重ねてきて、なんでも言えるし、聞いてもらえる関係が多いかと思います。

ですが、年をとってからの友達は、ある程度、距離感をもって付き合うほうがうまくいく場合が多いものです。

一般的に、人は年齢を重ねていくにつれ、自分の殻ができあがってしまっている人が多いようです。(頑固者的な…)そこには人には立ち入ってほしくないという世界が広がっていています。

ですが、人によっては「親しくなること」=「相手についてなんでも知っていること」だと錯覚してしまう人もいます。

本人は悪気はないのかもしれませんが、相手の立ち入ってほしくない場所に無神経に立ち入ってしまいがちです。

当の本人は「なぜか人から敬遠されてしまう気がするんだよなぁ」という感じでピンときていないときます。 年をとってからの友達とは「距離感」がポイントとなります。

基本は「ひとりで楽しめる人」

f:id:figo:20181206224948j:plain

矛盾した考え方のようですが、人付き合いがうまくなりたければ、まず、ひとりで楽しめるようになること、つまり、「他の人に依存しなくても大丈夫!」という基本的な気持ちを持ていることが大事になってきます。

その「こころのゆとり」っていうんですか?そんなんが「程よい距離感」をつくるんじゃないかと思います。実は周りの人の多くが苦手だったりしますよ。

まとめ

実際、「人付き合いがうまくなりたい!」と思う人は、「自分は人付き合いが苦手だけど人付き合いがうまくなりたい!」と思っている人のことを指すと思います。

一方で世の中には「人付き合いが嫌い!」という人も多くいらっしゃることでしょう。この「人付き合いが嫌い!」という人はどの時点で「人付き合いが嫌い!」になったのでしょうか?

私もとても「ひとり遊び」が好きなほうです。私の場合、以前は「人付き合いがうまくなりたい!」と思っていた気がしますが、現在はどちらかというと「人付き合いが嫌い!」な方に寄っている気がします。なんかまとまりませんが…

カテゴリー
  • 思考
52歳で住宅ローン?大きな買い物は躊躇します。

先日、「52歳」になりました。老後が近づいていていろいろと考えてしまうところではありますが…何かしら「周りの環境」も変化しています。

変化といえば、母が痴呆になったり、父が膠原病になったり、義父が入院したり…なんか、重なりますね。まーそういう年齢なのですね。

こんな人に読んでもらいたい!
  • 結構、年をとってから家の購入を検討している人
  • 離婚なんてするわけないと考えている人

 家を買わないか?と知人から言われた!

現在の家は賃貸です。私の場合、若い頃に一度結婚して失敗しています。その時に無謀にもマイホームを購入したのです。(ほんとに浅はかな…)

離婚後も長きにわたり払い続けほんの数年前に完済していて、今更、家を買う気はなかったのですが、2周間ほど前に嫁が知人からオファーされていました。

嫁は性格が悪い割には結構人から(動物からも)好かれるタイプなのです。色々なものをもらったりします。(一番高価だったのはベンツとか…さすがに返して来てくださいとお願いしました)

居抜き物件でした...

それは都心から外れた山間?の場所でいわゆる「窯元」の居抜き物件でした。広さは約300坪で「窯が2箇所」と20畳ほどの「ギャラリー」、そして、住居でした。

住居については、持ち主が80歳超のひとり暮らしだったので、まー狭いですが、水道も上下が通っており、意外と整備されているみたいです。

嫁は飲食店を始めるつもりで物件を探していました

もちろん都心部で賃貸物件を探していたのですが、何となくその居抜き物件が気になっているようです。その場所自体は都心から離れていますが、観光名所エリアなのです。

その観光名所からは歩いても行ける範囲なので、商売的には成り立つのではないかと考えられます。そのせいもあって、地価が高く、ちょっと考えさせられる金額です。

あいにく、私、現金は持ち合わせておりませんので、もしも購入するとすれば「住宅ローン」でということとなります。52歳という年齢もるりますし、それよりも、「大きな買い物は厳しいかな?」と考えるのは普通ではないでしょうか?

住宅ローンを申し込んでみました

あまり乗り気ではありませんでしたが、ほぼほぼ言われるがままに「仮審査」というものに申し込んでみました。希望額より少し減額されていましたが、一旦は買えるくらいの金額は借りれるみたいです。

たぶん、その物件が申込金額に対して相当高かったのではないかと思います。返事もすぐ来たし、結果、断ったんですが…その後の営業がしつこい事…ちなみに「開業資金」はなんかあるみたいですね。(どこにあったんじゃー!)

住宅ローンを組んでしまったら身動き取れなくなってしまう...

私の周りでも家を購入されている人が多くいらっしゃいますが、ほんと勇気があるなって感心しています。さん、一生離婚しないと考えているのでしょうか?むしろ、別れないのが普通なのでしょうか?

皆様のご健闘を心より応援いたします。

まとめ

まとめの話

私が今までの人生においてこのような選択に迫られた際に、結果的に言えば「ほぼ間違った選択」をしてきました。ただ、後悔したかと言えばそうでもないです。

なぜなら。「自分で決めたこと」だからです。とにかく、自分が嫌だったら嫌と言おうと思います。

カテゴリー
タグ