「一人飲み」デビューしました…多分

こんばんは。
少し前にテレビで『相棒』を視ました。いつも見ているわけではありませんが、偶々です。登場人物の中に鈴木杏樹さんが演じられる「小料理屋 花の里」の二代目女将「月本幸子」がお綺麗です。常連客である水谷豊さん演じる「杉下右京」との雰囲気が何とも私たちの年代では羨ましい限りです。私は常連として通っている店はありませんが、時折、“一人で居酒屋あたりに行ってみたいなー”って思うこともありましたので、今回は頑張って実践してきました。

f:id:figo:20170423131544p:plain

一人飲みは経験がありませんでした

そもそもお酒を飲む頻度は少ないのです。
飲む機会といえば、年に数回ほど飲み会に参加する程度です。

しかし…
嫌いなわけではありません。

むしろ飲むのは

好きかもしれない…

じゃ、家で飲んだら?

それはなかなか難しいかもしれません。
それには理由がありまして…

十数年前のお話となりますが、嫁さんの体調が悪い時期があり
夜中に病院に連れて行かなければならない事態の際に…

もーぐってぐってに

もーぐってぐってに

「酔っ払ってしまって全く役に立たない」
ということが数回重なりました。

それからは、嫁さんが
「ビールでも飲んだら?」
とでも言われない限り飲まないこととしています。

さて、
家から歩いて10分もかからないところに「JR駅」があり、周辺には新旧様々な飲み屋が立ち並んでいます。

近くには大学もあることもあり、大学生を対象としたお店なんかもたくさんあります。

最近たまにJR通勤をするようになって初めて、お店の多さに気が付きました。
外からでも店内が見えるお店もあり覗いたりはするのですが…

なかなか一人で入るのは無理そうな状況でした

こー気が弱いのです…

f:id:figo:20170423131840p:plain

 「酒ラー」として目指すこと

ここで…
お酒の飲み方の好みでどんな“お酒飲み”(今後は「酒ラー」と呼ぶ)を目指すのか?

先々、好みや理想は変わっていくやもしれませんが、ひとまずは自分がどうありたいかを決めておくこととします。

私の考え方は

✔お酒は好きである。毎日飲んでもいい。
✔大勢での飲み会はあまり好きではない。
✔でも、一人か二人の飲み相手がいてもいい。
✔でも、気を遣うのは嫌だ。
✔見分を広めたい

という風な具合です。

“都合の良いことばっか言ってんじゃねー”

と思われることでしょう。

あくまでも“理想”ですので…

そー怒らずに…

単にアルコール好きであれば家で飲むのがベストでしょう。

✔経済的な面
✔効率的な面

私の場合そういうことではありませんので、外で飲める店を探すこととします。

「酒ラー」の大まかなスケジュール

私の理想の「酒ラー」の流れとしては…

仕事帰り(17:00)
 ↓(60分)
行きつけのお店(最寄駅周辺)
 ↓(10分)
帰宅(19:30~20:00)

至って普通ですがポイントは

帰宅時間

にあります。

私の家の夕食は現在、21:00頃に定着しています。
よって、夕食の準備も考慮した帰宅時間としています。

私の場合…
会社を定時に終わってお店につくのが最速で18:00となりますので、

飲める時間は

1時間ちょっと

ということになります。

所謂、
「一杯ひっかけて帰る」
程度の飲み方となります。

良いお店を見つける

今回、実践したことは

✔ネットでの情報をとりあえず見る
✔あまりジャンルを特定しない
✔実際に店の前に行ってみる

などです。

まずは、ネットでお店の情報を探ってみました。やはり、チェーン店が多く目に留まりました。

✔個室あり

✔クーポンあり

などは至極一般的でした。

今回はチェーン店は外すこととしました。

初心者にはハードル

が高いと思われます。

そして…

数店ピックアップして実際にお店の前に行ってみました。

うぉーーーー!!

突撃っーーー!!

(ん?誰かの真似?…ゴンさんスミマセン)

なんとなく良さそうなお店が見つかりました

あくまでも入店前なのですが…

ありましたありました!

ネット情報にはありませんでしたが、ガラス戸越しに見える範囲では「カウンター席」「テーブル席×4」くらいの規模の

「焼き鳥屋さん」です。

私気が弱いので、もしも気に入らなかった場合のための準備(言い訳)を準備していきました。

私「今度、飲み会をしたいと思っているのですが…」

みたいな感じで、

お店探しているっぽく

f:id:figo:20170423132047p:plain

意を決して、

うぉーーーー!!

突撃っーーー!!

ガラッと...

店主「いらっしゃーい!」

良い雰囲気です。

私「・・・」

私「焼き鳥を持ち帰りしたいのですが・・・」

弱い…弱すぎる…

結局、 その日は…

「焼き鳥のお持ち帰り」

をしただけとなってしまいました。

まとめ

結論から申し上げますと、

私には無理!

ということです。

家に「焼き鳥」を持ち帰ったら、みんな大喜びでした。

「良いお土産」を持って帰った良い旦那さん

のお話でした…

寂しっ…

f:id:figo:20170423132841p:plain